経営

ジュエリーショップ『シェリーナ』の支援事例

両親の営む宝石店を守りたい。 そんな思いで始めた、夜光貝のジュエリーショップ『シェリーナ』 しかし、手探りで始めたショップ経営は、すぐに行き詰まってしまいます。 当よろず支援拠点の上地チーフコーディネーターをはじめ、各専門分野のコーディネーターがチームで課題解決に向けた取り組みをスタートしました。
支援事例

効果的な広報、集客方法の支援事例

子供から大人まで誰でも学べる音楽教室を開いているが、この2~3年の間で生徒数が減ってきている。新規生徒獲得のためにチラシを作成して新聞折り込みやポスティング等しているがあまり反応が無い。自分で作っているため内容に自信が無い。効果的な募集方法やチラシの作成方法をアドバイスしてほしい。
支援事例

地域外に販路拡大についての支援事例

伊平屋島で冠婚葬祭用として日常的に使われているナントゥもち、うずまきもち、黒糖あがらさー(カステラ)を製造販売している。島でも人気が高いし観光客にも喜ばれている。島外で販路を拡げたいが、賞味期限が短いので流通がむつかしい。賞味期限を延ばす方法はないか?
支援事例

ホームページ活用とネット販売強化の支援事例

昨年ホームページを作成して、ネットでの注文もできるようにしたが、たまにしかネットからの注文はなかった。 E-コマースで全国に向けて販売を強化したい。もっと販売を伸ばす方法を教えて欲しい。
支援事例

新商品の生産体制と販路開拓の支援事例

沖縄県水産課の産地漁協連携ビジネス新商品開発事業を活用して、地元漁協と共同でソデイカを使ったタコスを開発した。良い商品ができたが、昨年度の事業終了でその後のビジネス展開が止まってしまった。生産体制や販路開拓をどのように進めればよいかアドバイスが欲しい。
支援事例

宮古島の農産物 価値を高め販売したい

農家と一緒に宮古産の農産物に付加価値をつけ、加工販売するグループ「ばんずの会」を立ち上げ、統一ブランド「ばんずの会」を立ち上げ、統一ブランド「まるごと宮古島」で特産品の開発を進めている。販路を開拓したいが、課題は何か。
支援事例

自身で考えたビジネスプランで独立・創業したい

現在IT業界でシステム開発の会社に勤めている。沖縄を訪れる観光客の増加と多様なニーズが生まれているが、小規模な宿泊施設では対応に苦労している。それらの課題に対応するシステムを考えた。商品化して販売する会社を作り独立・創業したいので支援してほしい。
支援事例

東京に出店したい

東京の知人から飲食店向けの物件が空く予定なので出店しないかとの打診があった。長年食品の卸・小売販売を 営んできたが、最近は売上が伸び悩み、利益率も低い。客の多い東京で利益率の高い飲食店をやれば、売上・利益ともに伸びると考えている。店の企画、経営方 法、資金調達などの相談に来た。
タイトルとURLをコピーしました