CASE259 夜光貝ジュエリー販路拡大したい

【相談:サロン運営や広報 総点検したい】

 

相談事業者基本情報

●企 業 名 shelly.na(シェリーナ)
●業   種 夜光貝ジュエリー制作
●所 在 地 うるま市字喜仲4-9-4
●資 本 金 個人事業
●創   業 2014年
●従 業 員 1人

【相談内容】夜光貝ジュエリーの製作販売を行なっているが、店舗への来店者もまだまだ多くない。店舗や商品の知名度のアップの方法や、さらなる販路を拡大するための情報発信の方法についてのアドバイスが欲しい。

【内容:SNS発信 更新が大事】

 

夜光貝をごぞんじだろうか?沖縄を含む南海のサンゴ礁域に生息する大型の巻貝で、重厚な殻の裏側に真珠層があり、古くから螺鈿(らでん)細工の材料として利用されてきたもの。それをカットし磨きあげ世界にひとつしかないジュエリーを製作販売しているのがシェリーナの代表當眞清乃さん。彼女がよろず支援拠点に初めてやってきたのは創業1年目の時。店の集客やジュエリーへの加工の課題等、難問が山積みの時だった。

問題のひとつひとつを丁寧に聞き取り、相談者と一緒に解決の方法を考え取り組んできた。その後店舗の移転を経て、當間さんは夜光貝の歴史や生体、特徴などを研究して、夜光貝のエキスパートとなった。インスタグラムやフェイスブックでの情報発信に務めた結果、南城市や名護市にあるリゾートホテルとの契約に繋がり販路を広げてきた。

個人法人を問わず経営者は、廻りに相談する人が少ない。よろず支援拠点のメンバーは、会社の社長や経営に携わる実務者なので相談者の立場を理解しながら話を聞くことができる。

集客や宣伝の相談を受けていると情報発信ができていない人が目立つ。今の人は必ずスマートフォンなどでその店舗や会社を検索して確認する。その時にヒットしないと存在しないと同じだ。またヒットしても更新がなされていないと信用が得られないし、その時点で二度と検索されなくなってしまいかねない。情報発信は無料でできる時代になったが、手間をかける事が必要である。また情報発信するために日々の記録(写真や映像など)を残すことがとても大事である。よろず支援拠点では記録の残し方などのちょっとした工夫やアドバイス、ハンズオンも行なっているのでぜひ利用して欲しい。

シェリーナは少しずつだが売り上げを順調に伸ばし始めている。今後はさらに情報発信を強化しながら商品製作に時間を取れるように支援していきたい。

問い合わせは sheiiy.na(シェリーナ) 電話090-3795-8766

(県よろず支援拠点コーディネーター・豊嶋則夫)

※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。
経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。

ご相談は、電話098(851)8460のよろず支援拠点、またはお近くの商工会へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました