CASE335 高級革製品の販路開拓したい

【相談:高級革製品の販路開拓したい】

 

相談事業者基本情報

●企 業 名 靴工房 カステッリーノ
●業   種 製造業
●所 在 地  名護市
●資 本 金 非公表
●創   業 2020年 
●従 業 員 2名

【相談内容】

地元での知名度が少なく、名護の店舗の営業方法や、市場調査ニーズのある企業との出会いを増やすにはどうしたら良いのか相談したい。

【内容:提案書作り認知度向上】

2020年12月にOPENしたばかりの靴工房カステッリ―ノの宮城健吾さんは本場イタリア製の上質な牛革を使用した世界に一つだけの靴、サンダル、ベルトなどをハンドメイドする工房で創作している。商品は芸術・美術品のよう。

オープンと同時期にコロナ渦となり現状は、観光客も途絶え来訪も厳しくいつまで停滞するかわからない厳しい状況が続いている中、これまでは力を注げていなかった地元地域への営業、提案や新たな販路先を模索するアイディアが欲しいとの問い合わせに対して、よろず拠点として県内の新規販路先への伝わりやすい提案書作成を依頼し、それを活用して県内企業との業務提携、販路開拓、新規取引先を増やせるように提案中です。 

販売商品が一点物で高級であり簡単には販売につながりるものではないので、先ずは価格的にも手に入れやすいベルト製品をプレゼント&ギフトにしてみるのは? お世話になった方にお礼することは全国共通であり、お花屋や食品などギフトする事は沖縄でも日常的に行われていることを鑑みて、一人では高額でも数名にて割り勘での購入やその内容を話題、ストーリーにしてSNS配信や動画制作を行ってPRすることを提案し、私自らもそれであればと早速購入しました(笑)。 

またワークショップも行っているとの事で、お子様の誕生100日記念や初めてのレザーシューズとしても人気があるようで、写真館や関連する業界へ広くPRすることを提案。さらに現在、店舗を構える名護市において商工会へ入会されているとの事ですので、今後は販売提携先を募集している旨を商工会下院企業へもPRしていく事と新たに切り口を変えて、高額な商品だからこそ、ふるさと納税への企画提案も推奨しました。

今後は、宮城さまにて作成したご提案チラシに丁寧に説明されているお店の紹介から職人の革製品への思いやこれまでのイタリアでの経験やハンドメイド商品の受注から完成納品までの流れを解説、また業務提携先への依頼事項や販売手数料なども明記してありますので名護市内をはじめ県内の業務提携先を一緒に模索し情報を共有してつないでいく段階です。特にオーダースーツなどを仕立てる紳士服店では相性が良いものと考えますので、一生もの、オリジナル、こだわりにご興味ある皆様は、是非お問い合わせていただければと願います。

コロナ渦であっても常にあらたな活路を見出すお手伝いができる事が、よろずのミッションです。 サイト

県よろず支援拠点コーディネーター・渡具知 豊)

※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。ご相談は、電話098-851-8460のよろず支援拠点、またはお近くの商工会へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました