ブログのタイトルやキャッチコピーで重要な3つのこと

blog
ブログはタイトルが命です!
なぜなら、ユーザーがGoogleやYahoo!の検索エンジンで検索した結果、ユーザーが最初に目にするのがブログの記事のタイトルだからです。
ブログのタイトルは、広告のキャッチコピーと同じで、目的は次のコピー(ブログなら検索結果に表示させる説明文)を読んでもらうことにあります。
そこで、今回は、ブログのタイトルやキャッチコピーに必要な3つの重要な要素についてお伝えします!

ブログのタイトルやキャッチコピーで重要な3つのこと

キャッチコピーで重要なことは3つあります。

1.ベネフィット
2.興味性
3.具体性

これはキャッチコピーだけではなく、ネットビジネスをする上で非常に重要なマインドセットなので、紙にかいて机の前に貼っておいてください。

ブログやメルマガのタイトルは、キャッチコピーと同じですので、もちろんこの3つが当てはまりますが、メルマガのタイトル(件名)に関しては『興味深く短く』してください。(理由は長すぎる件名は表示されないからです)

では、3つの要素について具体的に説明しますね。

ベネフィット

まずは、『ベネフィット』はお客さん(ユーザー)があなたの商品を手に入れることで(あるいはブログやメルマガを読むことで)得られる明るい未来です。
人は行動するときに、何かしらのメリットや自分にプラスになる何かがなければ、なかなか行動してくれません。

ブログのタイトルや、商品のキャッチコピーを読んだ人が
『これって私のことだ!』
と思わず引き込まれる要素を考えてください。

そのためには、ターゲットが何を求めているのかをリサーチして知る必要があります。

興味性

次に『興味性』の本質は隙間を埋めたい欲求です。

多くの人が、週刊誌などのゴシップ記事やワイドショーで反社会的な事件などに反応するのは、自分が知らない、体験できない世界を知りたい欲求なのです。

政治家の汚職、芸能人のスキャンダル、犯罪などなど、、、、人は特にネガティブな話題に飛びつきますよね(笑)

具体的なテクニックの例として
コントラスト
です。

たとえば

『青いポスト』
とか
『白いカラス』

反対要素の強い言葉の組み合わせを並べると
なにか違和感がありますよね。

善と悪
白と黒
清純派アイドルの二股疑惑
小学生で億万長者
などなど。

これは心理学的にいうと、人間の生存本能にプログラムされている機能で、なにかいつもと違うものに対して違和感を感じると脳が勝手に反応するシステムです。

あまり使いすぎると『あざとく』なるので、これは!というときに使う技と覚えておいてください。
それをうまく使っているのが、雑誌の見出し広告ですね。
『あざとさ』満点で、実際に雑誌を買って記事を読んでも、見出し以上の情報は何も書かれていないという(笑)

↓非常に参考になるのでコチラのサイトを頻繁に見てください
http://www.zassi.net

↓こっちはメルマガの短い件名の参考になります
http://news.livedoor.com

人間の興味性の欲求をうまくついているのがわかります。

具体性

『具体性』については曖昧さを消して、相手に対して、具体的な行動をいかにイメージさせるかが重要なポイントです。

人はイメージできないと行動できません。

スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』にも
「すべてのものは2度作られる」
という原則があります。

たとえば、車を作るときはデザイナーのイメージスケッチがありますし、小さな部品を作るときも、設計者はポンチ絵というラフ図を描きます。

なぜなら、イメージできないものは決して創造できないからです。

お客さんも同じです。
イメージすることができれば、行動できるのです。

ここでは、曖昧ではない、具体的な『数値として計測できるもの』を提示してください。

たとえば、『億万長者なる方法』ではダメです。

『◯◯を1日たった10分間△△しただけで月47万円をわずか25週間で稼いだ方法』
これは極端な例ですが、まあ、こんな感じです。

これも具体的なテクニックですが、金額や時間の数値は2で割り切れない、奇数を使うと心理的にフックを掛けられますので、覚えておいてください。

『8つの習慣』より『7つの習慣』の方が気になりません?

1.ベネフィット
2.興味性
3.具体性

キャッチコピーやブログのタイトル、メルマガの件名には、必ずこの3つの要素を入れるようにしてくださいね。

Written by hatake(沖縄県よろず支援拠点コーディネーター)

☆ブログのアクセスやWeb集客のお悩みは
まずはお気軽によろずへお電話ください!

受付時間:月~金(祝祭日を除く)9:00~17:00

 098-851-8460
~ 相談は何度でも無料 ~
<<沖縄県よろず支援拠点>>

お問い合わせ よくある質問

サイトの利用・免責事項について プライバシーポリシー


Copyright© 2014-2017 沖縄県よろず支援拠点 All Rights Reserved.