支援事例

支援事例

CASE264 Vチューバー活用したい

拡大するVtuber市場に対しキャラクターを育成し、沖縄県の文化資源をPRすることに活用していきたい。発信者となることを目指すためにやるべき事は、自業界の常識にとらわれない他業種連携との連携にある。
支援事例

CASE262 フィギュア製造販売 認知度上げたい

可動式ロボット型フィギュアの制作キットを製造販売している。今年2月にはコラボ商品「フルアクションりゅうぎんロボ」を発売、展示会にも出展した。さらに認知度を上げるための広報の仕方、宣伝費用のかけ方などアドバイスがほしい。
支援事例

CASE261 ホスピタルアートで創業したい

以前より個人的にホスピタルアートを描いている。縁あって知人の会社や店舗に作品として販売する機会があり、今後はビジネスとして創業出来ないか、どの様に需要を生んでいくか方向性も含め相談したい。
支援事例

CASE260 育児休業給付金を申請したい

児休業に入るスタッフがいる。雇用保険の育児休業給付の申請を行いたいが、申請する際に必要な書類や帳簿等があると聞いたことはあるががよくわからない。どのように申請したらよいか教えてほしい。
支援事例

CASE259 夜光貝ジュエリー販路拡大したい

夜光貝ジュエリーの製作販売を行なっているが、店舗への来店者もまだまだ多くない。店舗や商品の知名度のアップの方法や、さらなる販路を拡大するための情報発信の方法についてのアドバイスが欲しい。
支援事例

CASE258 シーラブ サロン運営や広報 総点検したい

開業7年。定期的に相談に訪れるお客様も多い一方、本当にカウンセリングを必要としている人たちへ届くような広報も実施していきたいと考えている。サロン運営や広報について総点検を実施し、これからに活かしたい。
支援事例

CASE257 新事業「手ぶら観光」を普及させたい

インバウンドや仕事で来沖する人にとって大きな荷物で移動するのは大変である。手荷物を空港やホテルで当日または翌日の配送が可能な、国土交通省が推奨する「手ぶら観光」がある。それの沖縄のサービス拠点にも承認されたが、目標受注件数とは大きな開きがある。
支援事例

CASE256 事務所の認知度上げ集客したい

慶田元克次さんは長年勤めた那覇地方法務局退職後に、念願だった司法書士事務所を西原町の自宅に開所した。事務所は表通りから一つ中に入る住宅街でわかりづらいため、どのように認知度を上げ集客したらいいのかというもの。
支援事例

事業承継した会社の売上を伸ばしたい

地元の顧客を対象に48年続けてきた小さな整備工場を昨年前代表から引き継いだ。指定工場を4年以内に取得したいので売上拡大と資金調達が必要である。近隣の周知を図るためにSNS等も始めてみた。さらにどのようなことをすればよいかアドバイスがほしい。
支援事例

地域と連携 工夫重ねる

二見あかカラシ菜は百年も前から継承されてきた作物で、沖縄戦からも難を逃れ種を残し守り、いまも細々と栽培を続けている。この種を後世に残していくにはどのような取り組みをしていけばいいのか?またどのような加工品が生み出せるのか?のアドバイスが欲しい。
タイトルとURLをコピーしました