支援事例

支援事例

健康食品 売り上げ回復・拡大の支援事例

健康食品を店舗と通信販売で売っているが、売り上げが減少。銀行に相談し、創業時の借入債務の返済について条件変更をお願いした。経費を削減する方法は考えられるが、売り上げを回復する方策がわからない。
支援事例

販路拡大の支援事例

販路を拡大するため、自社のBI(ブランド・アイデンティティー)の構築や、テレビ・ラジオCMなどに取り組んでいる。 競合が激しい中、販路拡大や新規取引先獲得のための助言がほしい。
支援事例

浄化システム 販路開拓の支援事例

水の浄化技術にこだわった浄化システムなどの製品開発、産業廃棄物の処理などを行っている。環境技術で社会貢献したいが、販路開拓に苦労している。どのような営業方法が良いか。海外展開の支援策はないか。
支援事例

有機農産物の事業展開の支援事例

宮古島で有機農産物や加工食品を製造・販売している。健康食品市場への展開、家庭で黒糖を作ることができる「手作りキット」も商品化したい。有機無農薬栽培の体験学習も考えている。今後のアドバイスがほしい。
支援事例

「島豆腐めん」全国への販路拡大の支援事例

琉球王朝時代から続く繁多川の島豆腐製造業者が激減。繁多川の地域ブランドを再興するために事業協同組合を設立 島豆腐麺のそうめんとうどん「琉球の白弦」を開発した。全国展開への支援をお願いしたい。
支援事例

新規入会者増加の支援事例

創業10年目の結婚相談所で、これまで結婚を考える男女をサポートし多くのカップルを誕生させてきた。成婚率は横ばい、問い合わせや来所者が減少、新規入会者も減っている。新聞広告のデザインを変えてみたが、客は増えない。競合の本土大手業者の市場参入なども考えられるが原因はわからない。どのような対策を立てるべきか相談したい。
支援事例

塩モズク商品 差別化の支援事例

株式会社沖縄ゆうあいが運営する指定障がい福祉サービス事業所「くくるばな」では、塩モズクの商品を作っているが、市場には類似品が多い。ラベルデザインを変えるなどして差別化を図りたい。
支援事例

沖縄で営業拠点つくりたいという支援事例

急速なモバイル通信環境の変化に伴い、沖縄からも多くの仕事の依頼がある。 沖縄に拠点を置いて地元の人材育成や企業との連携を進めていきたい。 営業所の設置場所や連携できる企業などを紹介してほしい。
支援事例

本・支店違う価格 統一したい

自宅兼本店と、ホテルの店舗の料金を、どう設定すればいいか悩んでいる。 ホテルは出店料が発生するので、料金に上乗せしないと利益が出ない。 価格の違いを統一したいがどうすれば良いか。
支援事例

新たな販路を開拓したいという支援事例

乾燥梅干しを中心に、良い商品づくりに集中してきた。しかし、既存の販路だけでは売り上げ増になかなかつながらない。 展示などで県外や海外の販路開拓に臨んでいるが、成約に結びつかない。助言が欲しい。
タイトルとURLをコピーしました