支援事例

支援事例

新規入会者増加の支援事例

創業10年目の結婚相談所で、これまで結婚を考える男女をサポートし多くのカップルを誕生させてきた。成婚率は横ばい、問い合わせや来所者が減少、新規入会者も減っている。新聞広告のデザインを変えてみたが、客は増えない。競合の本土大手業者の市場参入なども考えられるが原因はわからない。どのような対策を立てるべきか相談したい。
支援事例

塩モズク商品 差別化の支援事例

株式会社沖縄ゆうあいが運営する指定障がい福祉サービス事業所「くくるばな」では、塩モズクの商品を作っているが、市場には類似品が多い。ラベルデザインを変えるなどして差別化を図りたい。
支援事例

沖縄で営業拠点つくりたいという支援事例

急速なモバイル通信環境の変化に伴い、沖縄からも多くの仕事の依頼がある。 沖縄に拠点を置いて地元の人材育成や企業との連携を進めていきたい。 営業所の設置場所や連携できる企業などを紹介してほしい。
支援事例

本・支店違う価格 統一したい

自宅兼本店と、ホテルの店舗の料金を、どう設定すればいいか悩んでいる。 ホテルは出店料が発生するので、料金に上乗せしないと利益が出ない。 価格の違いを統一したいがどうすれば良いか。
支援事例

新たな販路を開拓したいという支援事例

乾燥梅干しを中心に、良い商品づくりに集中してきた。しかし、既存の販路だけでは売り上げ増になかなかつながらない。 展示などで県外や海外の販路開拓に臨んでいるが、成約に結びつかない。助言が欲しい。
支援事例

手作りのまま 消費期限を延ばしたい

手作りにこだわった「じーまーみ豆腐」を自社製造し、店舗販売している。 観光土産、百貨店やスーパーなどに販路を広げるため、手作りの良さを残したままで、消費期限を現在の1週間から2週間に延ばしたい。
支援事例

首都圏市場に通用する商品作りの支援事例

地域で生産される農産物を原料に、地元企業と共同で特産品開発を進めている。商品化する前に首都圏デパートのバイヤーの目で、売れる商品であるのか評価してほしい。首都圏の食品市場も視察したい。
支援事例

効果的な広報、集客方法が知りたい

子どもから大人まで学べる音楽教室を開いているが、この2、3年間で生徒数が減ってきた。チラシの新聞折り込みやポスティングなどをしているが、あまり反応がない。効果的な方法をアドバイスしてほしい。
支援事例

事業の引き継ぎ先を探したい

S社は沖縄の地域資源を原料とする健康食品を仕入れ、県外で販売している。この県産素材は機能性と汎用性が高く、優位な市場性を持つ。今後の発展が見込めるが、製造元のB者が経営危機にあり支援してほしい。
支援事例

賞味期限を延ばし 販路広げたい

伊平屋島でナントゥもち、うずまきもち、黒糖あがらさー(カステラ)を製造販売している。住民や観光客にも人気で、島外に販路を広げたいが、賞味期限が短いので流通が難しい。賞味期限を延ばす方法はないか。
タイトルとURLをコピーしました