時代が求める「三方よし」の働き方改革

【相談:「エコレ」の販売網を新たに作りたい】

 

相談事業者基本情報

●企 業 名 株式会社お元気さん
●業   種 製造小売業
●所 在 地    南城市
●資 本 金 1,000万円
●創   業 2011年
●従 業 員 3人

【相談内容】当社で販売している商品「エコレ」の販売網を新たに作りたい。しかしながら、単純に販売員を募集しても採用は難しいと感じている。販路拡大と楽しく笑顔で働く事が両立できるような工夫が出来ないか?

【内容:働く側の実情を理解】

㈱お元気さんの小川さんが販売している商品は、「三方よし」がコンセプトの食用油ろ過システム「エコレ」である。コンセプトにある三方とは、①購入する企業、②食するお客様、③自然環境負荷の事。この三方向に優れたメリットを提供できる事が「エコレ」の強みである。機能性としては、油が劣化する要因になっている「遊離脂肪酸」を除去し、胃もたれや匂いの原因になるアルデヒドの発生を抑える事が特徴の優れた商品である。大阪府の中小企業新商品購入制度認定商品と言う事も頷ける。

相談を頂いた際に頭に浮かんだ事は、SDGs(エス・ディー・ジーズ=持続可能な開発目標)の考え方である。SDGsの「ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)」を基本に工夫をすれば両立が出来るのでは?と考え、小川さんと相談を続けた結果、①女性スタッフを中心に据える、②自由度が高い活動ルール、③時間に縛られない報酬体系、④地域貢献に共感できる人材など、具体的に絞れてきた。相談結果を踏まえ、採用ターゲットをシングルマザーや障害者、要介護人を抱えた人材に設定、ターゲットの生活環境や要望、課題などを理解する事から始めるようにアドバイスした。

また、販売員を苦しめる新規開拓の負荷を下げる工夫として、①バックオフィス機能、②営業リストの質の向上、③会社および商品の認知度向上、④信用、信頼の強化方法などをアドバイスした。また県内の福祉支援団体や弱者支援の専門家などへヒヤリングを実施し、採用ターゲットの実情に合う働き方の模索を続けた。また、販売促進と認知度を補強できる企業との連携、ランディングページ制作など販売強化の準備も同時に進行した。

これから、「エコレディー」という名称で販売員の募集が始まります。ご興味がある方は、㈱お元気さん、へお気軽にお問い合わせ下さい。㈱お元気さん、電話0800-888-11355

(県よろず支援拠点コーディネーター・赤嶺輝昌)

 ※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。ご相談は、電話098-851-8460のよろず支援拠点、またはお近くの商工会へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました