効果的な広報、集客方法が知りたい【よろず相談カルテファイル0021】

piano

【相談:新聞折り込みポスティングに反応がない】

子どもから大人まで学べる音楽教室を開いているが、この2、3年間で生徒数が減ってきた。チラシの新聞折り込みやポスティングなどをしているが、あまり反応がない。効果的な方法をアドバイスしてほしい。

企業名      ダイトウ音楽院
業種      音楽教室
所在地     宜野湾市
資本金     個人事業
創業       1975年
従業員      3人

魅力と強み 的確に発信

【回答:大手にない音大並みのメニューとマンツーマン指導をわかりやすく発信】

創業40年のダイトウ音楽院は大手教室のグループレッスンとは異なり、生徒1人に講師1人のマンツーマンで丁寧に指導。
ピアノやチェロ、ハープ、二胡など18の楽器が学べるコースを開設し、音大並みのメニューは特徴の一つである。

しかし、同じ地域に大手音楽教室が進出。少子化の中で競争が激化、新規入会者の獲得に苦戦している。
2~5月には新聞広告を出し、経営者自身が募集チラシを作成、周辺にポスティングしている。

新聞広告は文字が小さく内容が判別しにくい。チラシは「生徒募集」の大きな文字と子供がピアノを弾く図柄がかわいく、子供向けピアノ教室の特徴や強みがうまく伝わらない。集客には教室の良さを伝える情報発信が重要だ。

活用するのはチラシのほか、ホームページ、ブログやフェイスブックなどのSNS。専門家派遣制度を活用しデザイナーに助言してもらい、チラシを手に取った人がイメージできるよう、個人レッスンの様子などを写真で見せるように工夫した。
生徒募集をうたうのではなく「今日から音楽生活」というライフスタイルを提案する言葉に変更。

各科を「開設コース」とし、初心者も気軽に問い合わせできるようにした。チラシや新聞広告は情報を詰め込みすぎないように改善。代わりにホームページアドレスを見やすく表記、詳細はホームページに掲載した。

併せてフェイスブックを開設し、練習風景などを配信。絶えず情報発信し集客につなげる仕組みを作った。
改善後、わずか1カ月足らずで効果が見え、現在では問い合わせが十数倍となった。
教室の魅力と強みを的確に打ち出した広報活動で一定の集客効果を得た。

今後は入会者に長く在籍してもらうことが課題だ。生徒同士で結成したバンドが発表会を行うなどアットホームな雰囲気も魅力の一つ。 楽しい音楽生活を提供し続けることで、課題もクリアできると確信している。

※この記事は2015年3月8日の沖縄タイムス(日曜版)『よろず支援拠点カルテ@沖縄』からの転載です。

お問い合わせ よくある質問

サイトの利用・免責事項について プライバシーポリシー


Copyright© 2014-2017 沖縄県よろず支援拠点 All Rights Reserved.