離島のホテル事業を継承

 

【相談:宿泊業の経験がないため、販売促進やプロモーションを相談したい】

 

相談事業者基本情報

●企 業 名 ホテル星立 西表島
●業   種   ホテル
●所 在 地   竹富町
●資 本 金   非公表
●創   業   2018年
●従 業 員   非公表

【相談内容】八重山地域の中でも観光需要は高いが、宿泊施設は少ない島で、国内外の方が安心して宿泊できるリーズナブルなホテルを経営したいと考えている。宿泊業の経験がないため、販売促進やプロモーションを相談したい。

【内容:顧客から見た価値】

2013年に新石垣空港が開港し、八重山地域への観光客が大幅に増えた。台湾・香港からの直行便の定期運行に伴い外国人観光客も増え、亜熱帯気候の自然環境の魅力を体験しに訪れる欧米・アジアの観光需要も増加している。一方、西表島は宿泊する施設や飲食店が少ないため、石垣島を拠点に他の島々を周遊する観光プランが人気である。島内の事業者も日帰りのアクティビティやレンタカー、昼食時間帯のみ営業の飲食店などになる。宿泊施設も高付加価値のリゾート型ホテルとダイビングや釣り客をターゲットとした民宿がほとんどである。

 課題は長期滞在で訪れる外国人観光客向けに、離島滞在を安心して過ごせる宿泊施設やアクティビティが少ないこと。もう一つの課題は天候不良によるキャンセル率の高さである、石垣島離島ターミナルから発着する西表上原港行が西表島北部の主要航路となっているが、風の影響での欠航が多い。  観光客にとって欠航は宿泊のキャンセルにつながることが多い。このため風の強い冬期間は帰りの船のリスクを回避するため、日帰りでの離島観光の予定を立てられる事が多くなる。

 冬期間の閑散や天候により集客が見込めない課題を改善するために、長期宿泊者が安心して滞在できる環境が整っていることを効果的にプロモーションする方法を提案した。ホームページの内容を充実させ、ブログでホテルの1番の売りや、周辺の飲食店、アクティビティ、観光情報などを発信するなど、計画的なプロモーションを実施してきた。その結果、今年のゴールデンウィークは外国客、国内客とも3泊以上の長期滞在が多く、この夏の予約も見込める状況となっている。

問い合わせは【ホテル星立西表島】電話0980857528

 

(県よろず支援拠点コーディネーター 池淵功寛)

※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。問い合わせや相談は同支援拠点、電話098(851)8460。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました