支援事例

CASE338 事業再構築へ補助金活用したい

新型コロナウイルス感染拡大の影響で事業の柱である米国への短期留学への商品プログラムが中止になった。米国に渡航せずに英語が学べるカリキュラムの開発が必要となった。事業を再構築するために補助金等の施策を活用したい。
未分類

CASE337 コロナ禍で売上見込めず

新ロナ禍の影響で、事業計画通りの売上が見込めない。採択された補助事業もタイミングが悪く、どのように進めていったら良いかわからない。事業整理を整理してコロナ禍をどう乗り切れば良いか相談したい。
支援事例

CASE336 コロナ禍で展示会開催が難しい

新型コロナウイルス感染拡大に伴う人流の制限や、緊急事態宣言によるギャラリーの休業などで、展示会の開催が延期になるなどした。コロナ禍で展示会に不安がある。
支援事例

CASE335 高級革製品の販路開拓したい

【相談:高級革製品の販路開拓したい】 相談事業者基本情報 ●企 業 名 靴工房 カステッリーノ ●業   種 製造業 ●所 在 地  名護市 ●資 本 金 非公表 ●創   業 2020年  ●従 業 員 2名...
支援事例

CASE334 レンタル拡大したい

店やフランチャイズ(FC)店で展開してきた。事業をさらに拡大し、沖縄本島や周辺離島、米軍基地でもより多くの方々に利用しておらいたいのでアドバイスが欲しい。
支援事例

CASE333 福祉と観光 共存のカフェ作りたい

石垣島で、障害のある方と支援者が協働して新しいスイーツ文化を創り出し、八重山の地域と観光市場で求められる人材の育成を実現できるようなカフェを創めたい。
支援事例

CASE332 コロナ長期化 資金繰り悪化

国際通りの民芸品店からの相談。昨年、金融機関から元金返済猶予とコロナ関連融資の支援を受けたが、コロナの長期化により再び資金繰りが厳しくなっている。2回目の金融支援を交渉するも難航している。
支援事例

CASE331 石垣牛の皮で独創的な靴作りたい

相談者の赤嶺勤さんはシューズデザイナーとして東京やパリなどで活動してきたが、2年前に母の介護を機に沖縄へ帰郷した。靴のデザインを継続し、石垣牛の皮など県産素材で作りたいと思ったが、多くの問題にぶつかっている。
支援事例

CASE330 情報通信技術 建築業でどう活用

「ICT」や「IoT」といったキーワードが新聞やニュースでも取り上げられているが、建築業界を取り巻く現状や課題とICT化によってどのように課題を解決していくかアドバイスがほしい。
支援事例

CASE329 公共工事減で利益率下がった

売り上げの柱である公共工事の受注が伸び悩み、人件費や原料費の高騰で利益率が下がっている。借入金の返済も厳しくなってきた。売り上げを安定させて利益を確保し、将来の成長戦略が描ける会社にしたい。
タイトルとURLをコピーしました