支援事例

CASE321 パッケージデザインを変えたい

これまで販売してきたよもぎ麺のビニールパッケージ包材の在庫がなくなるので、この機会にデザインのリニューアルをしたい。どう変更したらお客様の目に留まりやすいかアドバイスが欲しい。
支援事例

CASE320 「鶏でんぷ」の販路拡大したい

中国では明代から食されてきた「でんぷ(田麩)」。自社で国産若鶏胸肉を使い新しく「鶏でんぷ」を開発したが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり販売が伸び悩んでいる。今後の販路展開について相談したい。
支援事例

CASE319 治療院への集客を強化したい

「スポーツコンディショニングトレーナー」として沖縄本島へ拠点を移したが、新型コロナウィルス感染症の影響で活動が休止になった。経営する治療院への集客を強化したいのでサポートしてほしい。
支援事例

CASE318 伊是名島生もずく販路拡大したい

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、県内外の飲食店への卸販売が減少し苦戦している。看板商品の伊是名島生もずくを、いわゆる「こだわりスーパー」などの小売店への卸販売を拡げていきたい。
支援事例

CASE317 コロナ禍のギャラリーいかに運営

美術工芸ギャラリーを開業して20年目。新型コロナウイルス感染拡大で県の休業要請対象事業に該当し展示会が開催できない。また休業終了後もギャラリーでの展示会開催が難しく、経営困難な状況下で今後のギャラリー運営について相談したい。
支援事例

CASE316 農福連携で新商品作りたい

楽ワーク福祉作業所は、障がいを持っている方達と共に「農福連携」に取り組み、自ら事業を興し、自立に向けてチャレンジしていきたいと考えている。商品開発のノウハウや販路展開の方法について教えてほしい。
支援事例

CASE315 コロナ禍の事業再開

昨年度まで子育てに介護で事業は休業状態であった。これからというタイミングで、コロナ禍の影響によって通常の売上が見込めない状態となっている。これを機に事業整理と乗り切るための取組と強化手法を相談したい。
未分類

CASE314 現状では借入金返済ができない

以前にもよろず支援拠点のアドバイスを受け、経営改善を図り赤字から黒字へ転換できた。しかし依然として手元資金は乏しく、仕入れ資金が足りない。半年後には借り入れの元金返済が始まるが、現状では返済ができない。
支援事例

CASE313 海外人材紹介増やしたい

【相談:海外人材紹介増やしたい】 相談事業者基本情報 ●企 業 名 海外人材職業訓練協同組合 ●業   種 外国人技能実習受入事業 ●所 在 地  名護市 ●資 本 金 212万 ●創   業 1985年 ●従...
支援事例

CASE312 全国へ販路を拡大したい

石垣島の果実や野菜を特殊冷凍技術によって、旬の美味しさをそのままに全国に販売するブランド「KOPPARI」を創業し商品化、ブランディングを行い全国へ販売したい。商品開発と販促方法の相談
タイトルとURLをコピーしました