支援事例

CASE292 会社承継 どう進めたらよいか

T社の保守サービス事業に管理者として長年従事してきた社員からの相談。社長がリタイアを考えているが親族内には後継者がなく、M&Aも検討したが断念した。自分で承継しても良いと思っているが、どう進めていけばいいかわからない。
支援事例

CASE291 工房再開に向けてのアイデア

コロナショックからいまだ立ち直れずにいる。6月の工房再開を予定していたが、コロナ休業期間中に電機系統にトラブルが起きて再開目処がたたず『無期限休業』となっている。再開に向けてのアドバイスが欲しい
支援事例

CASE290 スクール運営 システム化したい

石垣島で毎年200名以上が参加するジュニアトライアスロン大会があり、国内でも有数の規模となっている。参加する地元の子供たちには常日頃からトレーニングする場所が地元に無いためスクール開設の依頼がある。スクールを運営していくためのアドバイスが欲しい。
支援事例

CASE289 英語プログラムPRしたい

4月2日に英語学童教室を開校したが、新型コロナの影響でその週に休校した。5日後にイギリスの家庭とオンラインで結び英語を学ぶという新しい学童スタイルのプログラムを入れて再開。もっと多くの子ども達に英語/異文化教育を提供するために県内で広報したい。
支援事例

CASE288 コロナ影響 売り上げ激減

新型コロナウイルス感染拡大の影響で島外からの団体旅行のキャンセルが続き、売上が激減している。今後の資金繰りへの影響が大きく、どのような対応が必要か相談したい。
未分類

CASE287 事業承継 経営者保証ネックに

相談者は今年で62歳。体力的な衰えを感じ、そろそろ事業承継の準備に着手したいと考えている。後継者候補の長男は経営者として多額の借入金に対する経営者保証も継がながければならず、決断に苦慮している。
支援事例

CASE285 低収益・高額家賃で経営難に

売上は何とか確保できているが、利益率が低く低収益。固定費の家賃負担が大きく経営が悪化し、2019年1月に借入調達した資金も残りは260万まで目減りした。このままでは資金ショートすると考え相談に来た。家賃交渉などに同席して頂けないか?
支援事例

CASE284 資金繰り悪化 生き残るための策

新型コロナウイルス感染症の影響及び休業要請期間中の休業により売り上げが急減し資金繰りが悪化、今後再オープンしたとしても見通しが立たない。生き残るためにどう対策していけば良いか。
支援事例

CASE283 コロナ禍中の資金繰り・税金

2月決算法人の当社は新型コロナウイルスの影響により観光客が減少し資金繰りが悪化。セーフティーネット融資等を申請中だが、車両購入割賦代金・家賃の支払い、さらには4月末には法人税・消費税の納期限が到来する。資金繰り対策として何から手を付けて良いかわからない。アドバイスが欲しい。
支援事例

CASE282 コロナ後に向けた事業の拡充

レストラン事業の売上は大きく減少している。今後を見据え、他事業を拡充したいと考えている。通販用に製造している石垣島カレーの量産化の設備投資に活用できる補助金制度があれば教えてほしい。
タイトルとURLをコピーしました